カードローンとクレカは違うもの

カードローンとクレカは違うもの

常に現金主義で、カードを使った金銭のやり取りをしないという方にとっては、カードローンとクレジットカードの違いも曖昧なものであるかもしれません。クレジットカードのショッピング枠と、お金の借り入れに関して、ちらほら誤解しているような言動を耳にすることがあります。同じカードといえど、二つは根本的に違うことをまずは頭に置いておいてください。

 

クレカと略されることもあるクレジットカードは、主に買い物や支払用のカードです。現金の代わりに使用して、会計をスムーズにしたりお得にポイントを稼いだりします。使用の時点ではお金を借りているわけではなく、一回払いにして支払期限内にお金を振り込めば、利息を取られることはありません。これをショッピング枠とも言います。

 

カードローンはお金を借りるために使用するもので、消費者金融や銀行に利用の申し込みをしカードを発行してもらいます。最近ではコンビニのATMでも使えるようになりましたが、該当の機械からカードを使って直接現金を手に入れることが可能です。丁度自分の口座から、お金を引き出すようにです。もちろん借りているだけなので、利息込みで後に返済する必要があります。

 

クレカの中にはこのカードローンの機能が搭載されたものがあり、それが二枚のカードが同じものとして認識されてしまう原因です。現金が手元に来た時点でお金を借りたことになるので、誤って使用しないよう注意しましょう。